10/13②

チャートのみだとわからんことがある。

0チャート

1️⃣賃借

賃借倍率。

1以上と1以下。

倍率の変化と株価の変化を見る。

②per,pbr

per

一株あたりの純利益に対して、株価が何倍か。

割安さの指標。

使い方としては、

・高すぎるものは買わない

・同業他社と比較する。

pbr

株価を一株あたりの純資産で割った数字。

割安感の指標。

理論上、黒字の場合は1を下回らないとされており、1.5以下だと割安とされる。

・1.5以下だと割安。

・1以下だと、経営状態を必ず確認する。問題なければ超割安。

 

③ニュース

日経電子版→楽天ただ読み

朝7時のニュース

④ダウ

ny市場は現地時間の0930から16時。日本時間の2330から朝6時。そのため、非常に重要。

アメリカを代表とする30銘柄で構成される。世界中に与える影響力は大きい。

ダウの犬という前略があるほど、上位10銘柄は超安定。日頃からダウの暴落に備えて資金を貯めておくと良い。

④-2ナスダック、ジャスダック

ベンチャー企業株価指数

 

ニューヨーク市場が上がれば日本株もあがる。逆もしかり。毎朝チェック。

なお、近年はロンドン、中国市場にも影響受ける傾向あり。

 

⑤為替(円高、円安)

円高

輸入企業に有利。

円安

輸出企業に有利。海外で安く売れて売り上げアップ。

 

⑥板の読み方

流動性を確認できる。(分厚い板)

・ブレイクポイントの確認ができる

・歩値で大口注文を見れる。流れが変わるので注意。

・売り崩しとブレイク。大口投資者がだいたい左右する。歩値をみる。

・↑はデイトレード向け。知識として知っておく。

 

TOPIX

東証一部の全銘柄の時価総額

約2000銘柄。

日経平均は225銘柄)

1968年を100としている。

日本株全体の動きがわかる。

日経平均先物

日経平均株価に連動した先物金融商品

先物は市場参加者が異なる。

日経平均の少し先を行くので、チェック!

 

これら6つで判断する。ただし、あくまでチャートメイン。

2,3日から2週間程度のオリジナルスイングトレード

週間利回り2%を目指す。

どちらかというと手堅いトレード。

上の6つが終わり次第、トレード開始。

シナリオ作成は継続。